図書館に数年ぶりに行ってきました

先日、久しぶりに図書館に行ってきました。
昔はよく図書館に行って本を借りてきていたのですが、本を読むといえば電子書籍で済ませることが多くなり、すっかり紙の本を読むことが少なくなっていました。
しかし、無料や格安で読める電子本はあらかた読んでしまっていたこともあって、久しぶりに図書館で紙の本を借りて読もうかなと思い、足を運んでみました。
久しぶりに行った図書館は、パッと見は昔と変わらず。
でも高齢社会を反映してか、昔よりもお年寄りの姿が増えたな~と感じました。
そして肝心の本の方ですが、文芸作品の冊数が減っていて少しショック。
その代わり、ライトノベル?をハードカバーにしたような、漫画っぽいイラストの本がすごく増えていました。
時代の流れですね~。
そういう本を置くようになったことは別にいいのですが、文芸作品の数まで減らして欲しくなかったなあと思いましたが、本を置くスペースには限りがあるのでしょうがないのかな。
何の本を読もうかすごく迷いましたが、結局昔ハマっていた伊坂幸太郎さんの本を借りてみることに。
持って帰るとき、意外と本が重くてビックリ。
小さめのカバンだったので、入れる時もキツキツでした。
そういえば昔は本を借りる用のサブバックを持って行ってたなあと今更ながら思い出し、何だか懐かしい気持ちになりました。
レビトラジェネリックの個人輸入について